ナイシトールの効果、副作用(頭痛、むくみ等)と口コミ

ナイシトールの効果、副作用(頭痛、むくみ等)と口コミ

ダイエットや体型維持を補助するものには、健康食品や医薬品など様々なタイプがあります。健康食品として有名なのは、ユーザー評価が高いファンケルの「カロリミットシリーズ」や、大塚製薬の「賢者の食卓 ダブルサポート」などです。

 

一方、医薬品として挙げられるのが、小林製薬が販売する「ナイシトール」です。どんな効果や副作用がある商品なのか、チェックしていきましょう。

 

ナイシトールの特徴

 

大阪市に本社をおく小林製薬は、医薬品や医薬部外品、衛生雑貨の企画から販売までを行う製薬会社です。そのため、ナイシトールにも、医薬品としての働きが期待できます。

 

ダイエット商品というと、女性が多く利用するイメージがある人もいるかもしれません。しかしナイシトールは、どちらかというと中高年の男性をターゲットにしています。気になりがちな「お腹の脂肪」や「健康」に着目しているので、働きざかりの世代にとって心強い商品といえるでしょう。

 

製品情報

 

ナイシトールには、「ナイシトールZ」、「ナイシトールG」、「ナイシトール85a」という3種類のラインナップがあります。いずれも同じ漢方処方なので、「お腹の脂肪を落とす」という共通の効果が期待できます。異なる点は有効成分の量や飲み方、つまり効き目の強さが違うということになります。

 

成分

 

3つの商品はどれも、18種類もの生薬からつくられる「防風通聖散(ボウフウツウショウサン)」という名の漢方薬です。

 

配合されている生薬は、ダイオウ(大黄)、ボウフウ(防風)、シャクヤク(芍薬)、トウキ(当帰)、センキュウ、サンシシ(山梔子)、カッセキ(滑石)、レンギョウ(連翹)、ケイガイ(荊芥)、ハッカ(薄荷)、マオウ(麻黄)、キキョウ(桔梗)、ショウキョウ(生姜)、オウゴン、カンゾウ(甘草)、ビャクジュツ(白朮)、セッコウ(石膏)、ボウショウ(芒硝)です。

 

これら一つ一つが相互に働きかけながら、お腹の内側にじっくりと作用します。漢方薬は本来、生薬を煮出すものですが、ナイシトールは飲みやすい錠剤にするために低温で濃縮されています。

 

そのため、それぞれの生薬に含まれる成分を逃すことなく、最大限に活用することができています。スピード感をもって体内に溶け込ませるために、コーティングもされていません。防風通聖散から抽出したエキスを乾燥させてそのまま固めているので、生薬の香りがするのが特徴です。

 

1日分の有効成分の量は、ナイシトールZは5,000mg、ナイシトールGは3,100mg、ナイシトール85aは2,500mgです。一番少ないナイシトール85aに比べると、ナイシトールGには1.24倍、ナイシトールZには2倍の量が含まれています。ナイシトールZには、国が承認する基準のうち最大量が配合されているのが大きな魅力です。

 

ナイシトール85aはお腹周りの脂肪が気になってきた人、ナイシトールGはすっかり蓄積されてしまったお腹の脂肪を落としたい人、ナイシトールZは本気で肥満を改善したい人におすすめです。

 

容量や定価

 

ドラッグストアやインターネット通販で買い求めることができます。3種類それぞれ、5日分〜28日分と様々な容量の商品が販売されているので、希望に合わせて選びやすいです。具体的な希望小売価格は、以下のようになっています。

 

ナイシトールZ
  • 7日分にあたる105錠入り:税込2,268円
  • 21日分にあたる315錠入り:税込6,480円
  • 28日分にあたる420錠入り:税込8,100円

 

ナイシトールG
  • 7日分にあたる84錠入り:税込1,566円
  • 14日分にあたる168錠入り:税込3,024円
  • 28日分にあたる336錠入り:税込5,616円

 

ナイシトール85a
  • 5日分にあたる50錠入り:税込972円
  • 14日分にあたる140錠入り:税込2,484円
  • 28日分にあたる280錠入り:税込4,860円

 

飲み方

 

食前、または食後2時間ほど経った空腹時に、水やお湯と一緒に服用します。空腹時は含まれる成分が最も吸収されやすいので、効果的なタイミングです。ナイシトールZは1回につき5錠、ナイシトールGは1回につき4錠、いずれも1日3回飲みます。

 

ナイシトール85aは、1回につき5錠を1日2回服用します。飲み忘れがちな人は、摂取回数が一番少ないナイシトール85aから始めると良いでしょう。

 

個人差があることなので、効果を実感できる期間については一概に言えません。便秘で悩む人は最低でも1週間、肥満やむくみなどの症状がある人は1ヶ月程度飲んでみましょう。ただし、1ヶ月以上続けて飲む場合は、医師や薬剤師に相談する必要があります。

 

また、中高年の男性をターゲットにしていますが、男性専用の商品ではありません。15歳以上であれば、男女問わず摂取できます。

 

効果について

 

肥満症とは、一般的な肥満とは違い、医学的見地から減量という治療が必要な病気です。ナイシトールは、漢方の力によって、衰えて燃えにくくなった脂肪細胞を活性化します。脂肪の分解や燃焼が促されるので、肥満症を改善に導くことができます。

 

また、18種類の生薬には、身体の熱を冷まして水分の巡りを良くし、便通を促進する作用のほか、身体にたまった老廃物を尿や汗と一緒に体外に排出してくれる効果が期待できます。肥満に伴って起こりやすい便秘やむくみも解消できるでしょう。

 

便秘は消化や吸収のスピード、そして代謝を落とす原因にもなるので、脂肪とも大きな関わりがあります。飲み始めて便通が良くなったと実感できたら、ナイシトールが効き始めたサインといえます。

 

副作用について

 

最も懸念される副作用は下痢です。便秘気味ではない人が服用すると、お腹がゆるくなることが考えられます。このほか、激しい腹痛や発疹、かゆみ、手足のむくみ、頭痛、お腹の張り、胃の不快感、血圧上昇、間質性肺炎、肝機能障害などの副作用が挙げられるでしょう。

 

また、医薬品なので、ほかの医薬品と一緒に使うと、身体に負担がかかる場合があります。併用を考えている場合は、医師や薬剤師に相談することをおすすめします。特に注意が必要なのは下剤です。

 

さらに、病気の治療中や虚弱体質の人、高血圧・腎臓病・心臓病・甲状腺機能障害と診断された人、胃腸が弱い人、汗をかきやすい人、薬の服用により発疹やかゆみなどの副作用が起きたことがある人、65歳以上の高齢者、妊娠の可能性がある人も注意が必要なので、医療機関を受診して相談しましょう。

 

心配な人は、最も効き目が低いナイシトール85aを1週間ほど続けてみることから始めると良いです。服用してみたところ下痢などの副作用が生じて、自分の身体に合わないと感じた場合は、すぐ使用を止めるようにしてください。授乳中の人は、配合成分により乳児が下痢を起こすことがあるので、服用は避けましょう。

 

まとめ

 

若いときはすらっとした体型をしていた人でも、だんだんと年齢を重ね、社会での付き合いが多くなると、どうしても脂肪を蓄えがちになります。特にお腹についた脂肪は、なかなか落ちません。また、その脂肪によってなんらかの病気を引き起こすことだって考えられるでしょう。

 

働きざかりで忙しく、時間の余裕がない中高年にとって、ナイシトールは画期的な商品といえそうです。余分な脂肪を落として、健康的な生活を送るきっかけにしましょう。意識して生活習慣を見直すことが、肥満症の予防・改善には最も重要です。

 

※商品の内容および金額は、すべて執筆時のものです。

ナイシトールの効果、副作用(頭痛、むくみ等)と口コミ関連ページ

DHCフォースコリー
DHCフォースコリーの効果と下痢や便秘などの副作用の口コミについて解説しています。なかなか痩せなくて困っている人や、これからダイエットを始めようとしている人は、ぜひ参考にして下さい。
賢者の食卓
賢者の食卓の効果とおならや便秘等の副作用や口コミについて解説しています。なかなか痩せなくて困っている人や、これからダイエットを始めようとしている人は、ぜひ参考にして下さい。
カロリミットのウコンドリンク、はとむぎブレンド茶
カロリミットのウコンドリンク、はとむぎブレンド茶の効果について解説しています。カロリミットのシリーズ品になるので、ぜひ参考にして下さい。
メタバリアS
メタバリアSの効果とおならや便秘等の副作用や口コミについて解説しています。なかなか痩せなくて困っている人や、これからダイエットを始めようとしている人は、ぜひ参考にして下さい。
なかったコトに
なかったコトにの効果と下痢や便秘等の副作用や口コミについて解説しています。なかなか痩せなくて困っている人や、これからダイエットを始めようとしている人は、ぜひ参考にして下さい。
DHCニュースリム
DHCニュースリムの効果と下痢や便秘等の副作用や口コミについて解説しています。なかなか痩せなくて困っている人や、これからダイエットを始めようとしている人は、ぜひ参考にして下さい。
デュアスラリア
デュアスラリアの効果と下痢や便秘等の副作用や口コミについて解説しています。なかなか痩せなくて困っている人や、これからダイエットを始めようとしている人は、ぜひ参考にして下さい。
生酵素222
生酵素222の効果と下痢や便秘等の副作用や口コミについて解説しています。なかなか痩せなくて困っている人や、これからダイエットを始めようとしている人は、ぜひ参考にして下さい。